現在日本国内で使用されているGPS携帯ジャマー・PHSの全ての周波数帯に対応しています。
学校、塾、病院、レストラン、店舗、会議室、美容院、図書館などに最適

他社の携帯電話ジャマー欧米向けのは周波数ですのでどうしても国内で使用すると
止めることのできない携帯の機種が出てきますが、このジャマーは国内向けの周波数に
調整しておりほぼすべての携帯電話に対応します。

電話ジャマー

(1) 700MHz 718-803 KDDI(au)、dcomo、Y!mobileのLTE
(2) 800MHz 815-890 KDDI(au)、dcomoのLTE、3G、FOMAプラスエリア
(3) 900MHz 900-960 SoftBankの3GHSプラチナバンドとLTE
(4) 1500MHz 1427.9-1510.9 SoftBank、KDDI(au)、dcomoのULTRASPEED、LTE、Xi
(5) 1800MHz 1749.9-1879.9 Y!mobile、dcomoのLTE、EMOBILEG4、Xi
(6) 2100MHz 1920-2170 KDDI(au)、dcomo、SoftBankのLTE/3G、Xi/FOMAデュアル
(7) 2400MHz 2400-2495 2.4GH帯のWiFi
(8) 2500MHz 2545-2650 WCP、UQのAXGP、モバイルWIMAX

Wi-Fiジャミングは周波数成分の異なる2つのスピーカーが採用され、それぞれのスピーカーから女性の声、男性の声に適した妨害ノイズ音を発生し、盗聴器の妨害をすることが可能です。両方のスピーカーを使い、ノイズを同時に発生させることも可能です。一般的な盗聴マイク(盗聴器)を妨害する場合は、部屋の中央に置き、妨害音を発生させ部屋全体に妨害音を響かせます。コンクリートマイクを妨害する場合は、スピーカー面を壁にぴったりと押し付けてノイズ音を出すことで壁にノイズを伝え妨害します。

コンクリートマイクは、一般的に迷惑電話業務妨害と呼ばれている無線マイクと違い、電波などを使用していないため、コンクリートマイクを使用していることを直接視認する以外で証明する方法が存在しないため、一般的な盗聴器と比べて発見することが難しいのですが、妨害音を発生させるなら効果的にコンクリートマイクからプライバシーを守ることができます。