一般の物も持っていますが、それでも2万ぐらいの物を購入しています。

しかしそれでも、仰るとおり、特に時計タイプは使い物にならないのが多いです。

トラブルが多くいざという時に安心感がないので、使用はしていません。

時計の形状なので仕方ないのですが、USB接続がピン型なので、中々認識はしませんし、盗撮用隠しカメラレンズ、解像度も悪いので販売品はおもちゃとして使うのはいいと思いますが、実用性はないと思います。

高機能小型カメラ

太いのも仕方ありません。
一番はバッテリの為ですが、バッテリがないと撮影出来ませんので、太くなってしまいます。

それでも1時間ぐらいの撮影しか出来ないと思った方がいいですし・・・

ペン型は、まだ大丈夫ですね。

LEDランプが付くのであれば、ペンの色にあったテープを買ってきて、それを小さく切って貼るか、分解をしてLEDランプを壊し点灯しないようにするかをしています。

超小型防犯監視カメラは、まずレンズ向きが重要です。
12時方向がレンズの向きが上なら、実際は使いにくいのは分かりますよね?
6時方向にレンズの向きが上なら、腕を組むなどして撮影しても不自然ではありません。
これは表示されていなかったり説明がないのもありますので、買ってから確認が多いです。


それと、ライター型 ビデオカメラはベルトの調整が出来るかの確認が必要です。
普通の時計では当たり前ですが、出来ないものが多数あります。
これは、ネットや実際に販売をしている所でも把握していないですし、説明していない事が普通ですので、買ったけどブカブカで調節も出来ず、実際には使用できないので、そのままお蔵行きもあります。

もし、出来るとしても、自分で特殊道具を購入したとしても、ベルト調整のやり方を理解していないと、壊すのが関の山です。
時計屋さんでお願いをするのもありですが、プロが見ればこれが、カメラ付き腕時計かはすぐに見破られます。
断られる場合もあります。恥をかく場合もあります。高校生ならなおさら・・・

また時計型のUSBは特殊な、ピン型ですので、パソコンの認識がきわどいのもあり、中々認識をしてくれなかったりします。
認識しないのもあります。パソコンの愛称も多いです。
ペン型カメラを購入したいのであれば、実際に1回の購入で満足出来るものは難しいと思います。
何個か、色々な種類を購入して、ようやく当たりを引くものです。

なので、購入は出来ますが、実際に使える物を探すのは、かなり難しいですよ。

http://www.businessyo.com/preview-ad/3206

http://buygoing01.cloud-line.com/